点火装置

トップページ | 部員 | 活動報告 | OBの部屋 | 掲示板 | 画像掲示板 | リンク


          点火装置・・・タイミングよく燃焼室内の圧縮された混合気に力強い火花を
            飛ばして、安定した燃焼状態を作り出す働きをします。         
デストリビューター

デストリビューター図解
         デストリビューターは、エンジンによって駆動されていて、3つの働きをします。
    ’枦典々宗ΑΑΕ┘鵐献鵑粒謄轡螢鵐澄爾房茲衂佞韻蕕譴討い襯好僉璽プラグに、
            点火順序に沿って高電圧を分配する。
    点火信号発生機構・・・バッテリーからイグニッションコイルに送られる電流を、
             接点を開閉して断続する。イグニッションコイルでは、ポイント
             で電流が断たれた瞬間に高電圧が発生するようになっている。
    進角機構・・・エンジンの回転状態や混合気の燃焼状態に応じて、スパークプラグ
            に送る高電圧のタイミングを微妙に変化させる。       
スパークプラグ図解
         スパークプラグはシリンダーヘッド上部や側面に取り付けられており、その上部には、
     デストリビューターから伸びるハイテンションコードが取り付けられています。
     このハイテンションコードには、イグニッションコイルから高電圧が流れてきます。       


  
点火装置系統図解
      点火装置は3つの部分から成り立っています
   .ぅ哀縫奪轡腑鵐灰ぅ襦ΑΑΕ丱奪謄蝓爾療徹気鯀幅して高電圧を作り出す。
   ▲妊好肇螢咼紂璽拭次ΑΑΕ┘鵐献鵑両態から、火花を飛ばす正確なタイミングを決めて、
                各シリンダーのスパークプラグに順序よく電気を分配する。
   スパークプラグ・・・高電圧を受けて、燃焼室内に火花を飛ばす。