top page
勉強部屋



気象 2003.8   20題 40分

問1 長時間滞空滑翔に最も効果的な気象状態で正しいものがどれか。
(1) スコールライン
(2) 斜面上昇風
(3) 海陸風前線
(4) 煙突サーマル

問2 移動速度が極めて遅い前線、あるいは全く移動しない前線の名称で正しいものはどれか。
(1) 閉塞前線
(2) 停滞前線
(3) 停止前線
(4) 停留前線

問3 滑空機が積乱雲に遭遇した場合の最も適切な対応で正しいものはどれか。
(1) その空域から離脱する。
(2) 積乱雲の周辺部をサークルする。
(3) 積乱雲の雲底高度よりも1,000ft低い高度を維持する。
(4) 積乱雲の風下側でサークルする。

問4 雷雲の生涯で最も降電が発生しやすい時期で正しいものはどれか。
(1) 最盛期
(2) 成長期
(3) 消散期
(4) 積雲段階

問5 標準大気状態で平均海面高度から5000ftの気圧が24.92inHgであったとき、平均海面上の気圧で正しいものがどれか。
(1) 19.92
(2) 24.92inHg
(3) 24.97inHg
(4) 29.92inHg

問6 高度が高くなるにしたがって、一定の割合で気温が低くなることを意味する減率で正しいものはどれか。
(1) 気温減率
(2) 比熱減率
(3) 飽和減率
(4) 冷却減率

問7 気温や湿度などが異なる二つの気団が接する面の名称で正しいものはどれか。
(1) シアーライン
(2) 収束帯
(3) 前線面
(4) スコールライン

問8 大気そのものの重さより生じる圧力の名称で正しいものはどれか。
(1) 空気圧
(2) 大気圧
(3) 負圧
(4) 正圧

問9 移動速度の速い寒冷前線の数マイル前方に存在するような、線状の雷雲の名称で正しいものはどれか。
(1) クラウド・ストリート
(2) スコール・ライン
(3) 塔状積雲
(4) シアー・ライン

問10 寒冷前線の通過後の一般的な気象現象で正しいものはどれか。
(1) 雲量の増加
(2) 気圧の降下
(3) 気温の上昇
(4) 風向の顕著な変化

問11 国際標準大気における対流圏内の気温減率で正しいものはどれか。
(1) 1℃/100m
(2) 2℃/100m
(3) 1℃/1000ft
(4) 2℃/1000ft

問12 空気の上下の流れによる熱の移動を何というか。
(1) 伝導
(2) 放射
(3) 移流
(4) 対流

問13 天気図上で等圧線の間隔が狭いとき、予想される気象現象で正しいものはどれか。
(1) 弱い雨
(2) 強い雨
(3) 強い風
(4) 霧

問14 フェーン現象について正しいものはどれか。
(1) 山から吹き下ろしてくる温暖で乾燥した風
(2) 山から吹き下ろしてくる寒冷で湿潤な風
(3) 山から吹き上げて行く温暖で乾燥した風
(4) 山から吹き上げて行く寒冷で乾燥した風

問15 山岳波に伴う雲で誤りはどれか。
(1) ローター雲
(2) 乱層雲
(3) 笠雲
(4) レンズ雲

問16 日本付近の一般的な天気の移動方向で正しいものはどれか。
(1) 東から西
(2) 西から東
(3) 北から南
(4) 南から北

問17 地上の等圧線が混んでいるところの気圧傾度で正しいものはどれか。
(1) 緩やかである。
(2) 急である。
(3) 一定である。
(4) 混んでないところに比較して緩やかである。

問18 地上付近の気温が夜間に露点温度近くまで降下したとき、予想される気象現象で正しいものはどれか。
(1) 強風
(2) 霧
(3) 雨
(4) 雪

問19 冬季に日本付近にあらわれる大陸性寒帯気団で正しいものはどれか。
(1) 小笠原気団
(2) 赤道気団
(3) シベリア気団
(4) オホーツク気団

問20 北半球の高気圧の風の吹き方で正しいものはどれか。
(1) 反時計回りに吹き出す
(2) 時計回りに吹き出す。
(3) 時計回りに吹き込む。
(4) 反時計回りに吹き込む。