立体駐車場

"Blue Train"では高速パンニング中にチラッと写るだけなのですが、面白い仕上がりになったと思うので紹介しておきます。

<無理矢理・立体駐車場>

使用した部品は、以前に紹介した長浜鉄道スクエア・北陸電化記念館とほぼ共通しています。すなわち、床構造となる駅高架[128-132mm]と柱構造となる(仮想)ビーム橋脚、それに側面に華を添えるレール側壁です。この観点からは、以前紹介したケースと大きく異なるものではありません。

加えて駐車場入り口に遮断機を置いてみましたが、これはどうも蛇足っぽいですな。

まぁ、こんな組み合わせもアリかな、という程度のお話です。

VRMoviesは、ここに紹介した技術情報について、読者のお手元の環境での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp