高架下にないガード下建物

仮に「VRM3のストラクチャで一番のお気に入りは?」と聞かれたならば、ghost は「そりゃ、ガード下建物だよ」と答えます。なんというか、表情が豊かですよね、特に A1 と B2 の裏側のガレージなんか、いい感じです。これも一種のフェティシズムですかね。

 

ガード下建物は、4号所収。

ところが、ガード下建物はガード下建物であるがゆえに、使い回しの悪いところがあります。それは天井が抜けているという点です。まぁ、「ガード下」というくらいですから、上に高架プレートがあることが前提になっているんですね。

が、せっかくの表情豊かなストラクチャを限られたシチュエーションでしか利用できないのも残念な話です。で、無理矢理屋根をつけてみました。

 

<ガード下にないガード下建物>

 

やはり裏側が好きなので、スクリーンショットも裏側です。

どうです、いい感じでしょ?

さて、具体的な作り方ですが・・・。

 

<レイアウターで見るとこんな感じ>

 

[使用部品]

ガード下建物 x 1

1車線 64mm x 6

 

見易さのために、ガード下建物と道路のレイヤを変えて色分けしています。なお、これは一例に過ぎず唯一無二のやり方ではありません、念のため。

ガード下建物の天井部分を1車線道路64mmで塞いだだけです。道路の長さ、および幅が中途半端なため、6つも使うハメになりました。道路の高度設定は、ガード下建物の設置高度に大して +55mm でよさそうです。

 

できればアップデーターでガード下建物に屋根つけていただきたいんですが・・・>I.MAGiC様。

この他にも、ガード下建物と各種ビルを重ね置いて、その側面の表情のみを利用する、という応用もあります。みなさんも、いろいろ試してみてください。

VRMoviesは、ここに紹介した技術情報について、読者のお手元の環境での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp