音声リソース用wavファイル作成上での留意点

準備中。

 

名称 解説
出発力行音 出発してから、走行電圧が0.15(変更可、以下同)に達するまでの間の走行音です。ギャップ音が同時に再生されます。速度に合わせて再生速度=音程が上がっていきます。
低速力行音 走行電圧0.15〜0.4(変更不可、以下同)の間で加速している際の走行音です。ギャップ音が同時に再生されます。速度に合わせて再生速度=音程が上がっていきます。
高速力行音 走行電圧0.4以上で加速している際の走行音です。ギャップ音は再生されません。速度に合わせて再生速度=音程が上がっていきます。
低速惰行音 走行電圧0.15〜0.4の間で惰行している際の走行音です。ギャップ音が同時に再生されます。速度に合わせて再生速度=音程が変化します。
高速惰行音 走行電圧0.4以上で惰行している際の走行音です。ギャップ音は再生されません。速度に合わせて再生速度=音程が変化します。
停車制動音 走行速度0.15以下で惰行または制動している際の走行音です。ギャップ音が同時に再生されます。速度に合わせて再生速度=音程が下がっていきます。
低速制動音 走行電圧0.15〜0.4の間で制動している際の走行音です。ギャップ音が同時に再生されます。速度に合わせて再生速度=音程が下がっていきます。
高速制動音 走行電圧0.4以上で制動している際の走行音です。ギャップ音は再生されません。速度に合わせて再生速度=音程が下がっていきます。
背景音 常に一定の音程で再生される音です。m4g/1.0サウンドギミック拡張では、さらにこれを力行/惰行/制動に応じて切り換えることも出来ます。
コンプレッサー音 VRM4の仕様上は停車中にランダムに再生される音です。m4g/1.0サウンドギミック拡張では、走行中にもランダムに発生する音として扱うことも出来ます。これは実際には背景音の切り換えで実現されます。
アイドル音 停車中のみに再生される音です。m4g/1.0サウンドギミックでは、特別な理由のない限り、この音声に無音の音声リソースを割り当てることを推奨します。
ギャップ音 ギャップ音1/2の2つからなり、“ガッタン”と“ゴットン”に相当します。走行電圧0.4以下で走行中に再生され、速度に応じて“ガッタン”と“ゴットン”の間隔が変化します。
警笛音 [スペースキー]で吹鳴される警笛です。m4g/1.0サウンドギミック拡張では、警笛を以下の効果音にも利用するため、m4g/1.0規格スクロール以外の方法で設定された警笛が無効化される場合があります。
出発効果音 出発の瞬間に再生される効果音です。実際には警笛音を利用しているため、直前に警笛吹鳴がおこなわれていた場合、再生されないことがあります(以下の効果音も同様)。
停車効果音 停車の瞬間に再生される効果音です。
力行開始効果音 惰行/制動から力行に転じた瞬間に再生される効果音です。主に、走行音の変化の瞬間の悪目立ちを避ける目的で使用します(以下同)。
力行終了効果音 力行から惰行/制動に転じた瞬間に再生される効果音です。
低速→高速遷移音 走行電圧が0.4を超えた瞬間に再生される効果音です。
高速→低速遷移音 走行電圧が0.4を割り込んだ瞬間に再生される効果音です。

<m4g/1.0サウンドギミック拡張サポート音声リソース一覧>

 

 

VRMoviesは、ここに紹介した技術情報について、読者のお手元の環境での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp