オマケやら雑文やら。

呼称で損してない?

まぁ、どーでもいい話なんですが。

コレ」(と敢えて言います)の正式呼称・・・というか、もう少し柔らかく、通りの良い呼び名は実のトコロは何なんでしょう、というのが本日の話題です。

 

過去雑文のご案内

続・ミニ円形レイアウトのススメ

その他

「そんなもん、『鉄道模型シミュレーター3』に決まってるじゃん!!」と言ってしまえばオシマイなんですが、どうも話はそう簡単ではないのかな、と思ってる次第でして。

試しに、googleで検索キーワードに「鉄道模型シミュレーター」と「VRM」を指定した場合の結果を見比べてみてください。前者の場合、検索結果の多くがvectorなど、ソフトウェアの販売に関連したWebサイトとなるのに比較して、後者の場合はVRMユーザーのファンサイトが中心になります。これは何を意味しているのでしょうか。ghostは以下のように分析してみました。

 

2004/5/17現在、googleにVRMで検索をかけると、拙Web「VRM→N」が鉄道模型シミュレーター関連Webのトップに出てきますが、コレはコレで問題があるような気がします。

● 正式呼称は「鉄道模型シミュレーター」である。

● 販売店、小売店に「鉄道模型シミュレーター=VRM」という認識はあまりないように見える。

● 多分、ファンサイトを運営しているユーザーの多くは、そのことを知らないワケではないが、何故か「VRM」という呼称の方を気に入っている。

● ファンサイトで「鉄道模型シミュレーター」という呼称があまり用いられないのは、コレが一般名詞からなる合成語でユニークさに欠けるからではないか?

● その証拠に廉価版「鉄道模型レイアウター」の呼称は、これ1つで安定している。「レイアウター」という強引な和製英語には妙な説得力があるし。

 

 

 

試しに「鉄道模型シュミレーター」でもぐぐってみると・・・出るわ、出るわ(w

かく言う、このVRMoviesもトップページにも「鉄道模型シミュレーター」の文字はなく、サイト全体で検索してもこの雑文を書く直前の段階で僅か2箇所だけでした。おいおい。

コレってVRMの・・・もとい、「鉄道模型シミュレーター」の販促を考えた場合に、マイナス要因なんじゃないか、とフッと思ったので、今回こうして雑文の俎上に載せてみました。以下、問題点を箇条書きにしてみます。

 

本家I.MAGiC HOBBY WORLDもフラッシュ内の表示を除き「鉄道模型シミュレーター」の文字があまり目立ちませんな・・・(苦笑)。

● 鉄道模型シミュレーターの購入に迷っている人が先行ユーザーを参考にしようとぐぐっても、販売サイトばかりに行き当たる。まるでユーザーが皆無であるかの如く・・・。

● VRMで検索をかけるとファンサイトが多くヒットするが、一方で同じくVRMという略称で呼ばれる他のものや、VRMを文字列中に含む無関係なページが多数ヒットして紛らわしい。

● 意外に「鉄道模型シミュレーター」=「VRM」を示す情報は乏しく、購入を迷う人に混乱を生じさせる恐れがある。

● 「VRM」としか表記していないコンテンツは、知らない人からすれば「鉄道模型シミュレーター」についてのものであると判断し辛い。

● 「そんなん、見ればわかるよ」「I.MAGiCのリンク集だってあるし」と思う人は、世の人々のITリテラシを高く見積もり過ぎ。意外にしょーもないコトで躓いて目的の情報にたどり着けない人は多い。

 

参考までに、キーワード「VRM」による検索でヒットする主なもの・・・

●Voltage Regulator Module

 CPUへの電源供給回路。

●Virtual Reality Mouse

 視覚障害者向け入力デバイス。

●Visual Remote Monitoring

 遠隔映像監視システム。

●Victory Run Meeting

 パリダカに由来するバイク好きの集い。

●Virtual Repository Management

 非定型情報連携管理ソリューション。

で、VRM・・・もとい、鉄道模型シミュレーター関連のファンサイトをやってるWebmaster各位に提案なんですが、とりあえず各自配下のコンテンツのどっか(できればトップページ)に必ず「鉄道模型シミュレーター」の文字と本家Webへのリンクを入れるようにしませんか。ghostも猛省しつつトップページに書き加えました。

 

間違っても「鉄道模型シュミレーター」と書かないように・・・。

I.MAGiC様におかれては、今更難しいとは思いますが、次期バージョンに際しては呼称問題についても一工夫された方が販促に役立つんではないか、と思ってみたりします。正式名称が「鉄道模型シミュレーター4」なのは仕方がないとして、やはり「レイアウター」のインパクトに勝るようなユニークな「愛称」があってもいいんじゃないかと。

I.MAGiC社の社名表記もカタカナ、英大文字小文字交じり・・・と、いろいろ種類あるなぁ(汗)。

VRMoviesはマジ半分・ネタ半分です。字面を捉えてご立腹なされぬよう、伏してお願い申し上げます。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp