2004/05/07

VRMでTOMIX・高架ビームを使う 

TOMIX高架ビームは、高架レール及び橋脚と組み合わせて使うことにより、通常高架レールの直下にくる橋脚の位置を変更できる部品です。主に、本プロジェクト第二期施工部でおこなったように、高架下に沿ってレールを敷設する場合のスペース確保に利用します。以下に、高架ビームの模式図を示します。

 

本稿では高架レールを単線用に限定して説明しています。複線高架レールは少し扱いが異なるので、TOMIXカタログ等をご参照ください。ご要望があれば別途書きますが。

<高架ビーム模式図>

 

左図は誇張のために、実物に比してカップリングが大きめに描かれています、念のため。

高架ビームは、橋脚に付属するカップリングとの接続部品と置き換えて利用します。言い換えると、高架ビームは「横方向に長く、複数のカップリング取り付け口がある接続部品である」と言うことができます。

このように、いささか扱いのややこしい高架ビームですが、現行のVRM3では高架ビームは「仮想橋脚」にカテゴリされており、高架レールの持ち上げ機能はもちろんのこと、高架ビーム独特の接続ルールがまったくサポートされていません。一方で、高架下に線路を引く場合、そのクリアランス確保の観点から、高架ビーム(厳密には高架ビームに接続された橋脚)の位置はシビアな調整が要求されます。

VRMでは橋脚によりレールの絶対高度を指定しますが、一部の橋脚部品はレールの高度設定機能を持たず見た目の表現のみに使用されます。このような見た目のみの橋脚を「仮想橋脚」と呼びます。

本稿では、Nゲージレイアウト化を前提としたレイアウトをVRM3で設計する際、高架ビームを組み込む場合の留意点を概説すると共に、やや舌足らずの感のあるVRM3添付マニュアル(HTMLベースのヘルプ)の橋脚の設置に関する部分を補完しておこうと思います。

 

言うまでもなく、VRMオンリーで楽しむ場合は、別に気にしなくてもいい話です。

線路進行方向の取り付け位置

VRM3添付のマニュアルを素直に読むと、高架レールに対し橋脚は22.5度毎にしか設置できないかのような印象を受けますが、これは事実と異なります。TOMIX高架レールは、下面にレール方向に沿ってカップリング取り付け用の溝があり、この溝のどこにでもカップリングを取り付けることができます。以下に、レイアウター画面を使った模式図を示します。

 

<直線区間の場合>

 

<曲線区間の場合>

 

オレンジ色が高架、黄色が高架ビーム。図の簡略化のため、レールは表示していません。いずれも赤矢印は筆者による加筆です。

上図に示したように、赤矢印の方向にそってカップリングは自由に移動することができます。ただし、その取り付け方法上の制約から、常にカップリングはレールに対し垂直になり、それに接続される橋脚・ビーム橋脚も同様です。レイアウター画面上では、橋脚の長手が高架パーツに描かれたの横縞と重なるように配置すれば、ほぼ現実に近い配置をシミュレーションすることができます。

ただし、VRM3レイアウターの「自動橋脚回転」機能は高架ビームをサポートしていないため、角度の調整はユーザーが自分でおこなわなければなりません。

 

カップリングの取り付けには若干の遊びがあるので、実際には5度程度の誤差は現物合わせで調整可能です。

線路垂直方向の取り付け位置

これに対し、線路に対して垂直な方向の取り付け位置には注意を要します。

高架ビームは、短いものから順にS・M・Lの三種がラインナップされていますが、異なるのは長さだけで、カップリング取り付け口の数は共通しています。すなわち、ビームの片側の端から、TOMIX規格における複線間隔(37mm)を空けて2つと、その中間に1つです。主に、前者は単線高架レールで複線を作る場合、後者は複線高架レールを取り付ける場合に利用します。

単線高架レール、複線高架レールのいずれを使うにせよ、複線を1つ作ると高架ビームのカップリング取り付け口を使い切ります。M・Lの高架ビームについては、カップリング取り付け口がある方とは逆側にまだビームが伸びていますが、そこには取り付け口はありません。以下、単線高架レールと高架ビームの組み合わせをレイアウター画面で示します。

 

<単線高架 x 2 & 高架ビーム>

 

<左端の取り付け口に単線高架>

 

<中間の取り付け口に単線高架>

 

<右端の取り付け口に単線高架>

 

いずれも、オレンジ色が高架レール、黄色が高架ビーム。見易さ優先のため、本来高架に載っているはずのレールは非表示にしている。高架ビームはそれぞれ上から順にS・M・L。

一見してわかるのは、高架ビームSとLは長さが異なるだけで取り付け位置が同じであるのに対し、高架ビームMは取り付け位置から違うため注意が必要です。高架ビームMをつかうと、一方の橋脚を高架レールの直下に配置することができる、と考えておけば良いでしょう。

なお、便宜上、上図の下3つには高架レールを1つしか表示していませんが、他に高架を支えるに充分な橋脚があれば、隣にカップリングを伴わない高架レールを並べることも可能です。この組み合わせの工夫により、高架下にレール(または、それに類するストラクチャ)を敷設するクリアランスを確保することができます。

 

以上、高架ビームを利用するレイアウトをVRMで設計する際にご参考になればとまとめてみました。なお、本稿は ghost の個人的な施工経験を元に書かれており、読者のお手元での実現性を保証するものではありません。ビーム橋脚を利用した設計をおこなう際は、とりあえずビーム橋脚各種(S/M/L)を購入して添付の説明書を読むか、TOMIXカタログの説明ページ(2003年版であれば234ページ)を一度ご覧になっておくことをお奨めします。

ghostは、ここに紹介した内容について、読者のお手元での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp