2004/02/18

ひとつ前の雑文はこちら

百均万歳

「百円均一の店」というのは便利なもので、いろんなものが文字通り「百円」で手に入ります。レイアウト製作にあたり、ghostも随分と百均のお世話になりました。今回は百均で調達した部材の中でも、ニッパー等の工具や木工用ボンド等の消耗品を除き、本来のそれ自身の用途以外で利用して便利だったものをご紹介しよう、という趣向です。

 

ghost の場合、自宅マンションのすぐ真向かいに百均の店があったりするのでなお便利です。

<タッパその1>

百均と言えば収納器具、なかでも種類豊富なタッパは主婦の友ですね。上写真のタッパの中身は、近所を散歩して集めてきた小石です。主にレイアウト中央を貫く川のデコレーションに使いました。このタッパは耐熱仕様なので、熱湯消毒が可能です。ちなみに、2コ1セットでした。もちろん百円です。

 

石は近所を散歩しながら拾い集めました。周囲から見たらさぞ奇妙な光景だったことでしょう。

<タッパその2>

レイアウト部材の中でもパウダーやコースターフ等の「粉物」は、意外に保管に手間取るもの。大抵、粉物部材は袋詰して売られていますが、これを作業時に袋から直接小出しにしていると、一度は床にばら撒く羽目になります。そこで登場するのが上写真のタッパ。中が4つに分割されており、それぞれに異なる種類の粉物を収めています。もちろん百円です。

 

書籍や先行Webでは茶漉しを使ってパウダー撒きするのが推奨されているようですが、ghost は指で適量つまんでパラパラと撒くのが好きです。

<商品名不明のお化粧セット>

収納器具と並んで百均の定番と言えばコスメ用品。上写真の商品名不明のお化粧セットもそのひとつで、主にスポイトをバラスト固着に使用しました。小さい容器は、ストラクチャの細かい部品の保管にでも使おうかと思ってます。これだけ入って、もちろん百円です。

 

スポイトへの液体充填時に、なるべく気泡が入り込むのを少なくする妙案ってないもんですかね?

<アトマイザー(霧吹き)>

同じく化粧用具のアトマイザー。2本同梱だったので、一方には木工用ボンド水溶液、もう一方には中性洗剤を混ぜた水を入れて使っています。直接吹き付ける場合はもちろんですが、溶液を筆塗りしたい場面でもアトマイザーに作りおきしたものを塗料皿に取り出すと、いい具合に混合済みの溶液が小分けに得られるので便利です。これも、もちろん百円です。

 

正直告白すると、若干オーバーパワーで、周囲の固着が中途半端なコースターフを吹き飛ばすことがしばしば。

<薬味入れ>

「薬味入れ」とラベル付けされて売られていましたが、ghostには「バラスト専用容器+バラスト撒き専用さじ」にしか見えませんでした。前述の粉物同様、バラストも作業毎に袋から取り出すのは思わぬ事故につながります。こういう密閉容器に前もって小出ししておくととっても便利。特に付属の小さじが道床付きレールに好適で、自然な感じにバラストを撒くことができました。もちろん百円です。

 

仮にこの容器を本来の用途通りの「薬味入れ」に使ったとして、この容器一杯の薬味って駄目になる前に使い切れるもんでしょうか?

この他、筆(4本セット)、水彩画用水入れ、木工用ボンド、ニッパー、マイクロドライバー、ピンセット、工具箱・・・と全部百円均一。Nゲージレイアウト製作にこれから挑戦しようという方は、是非ご活用ください。

別に友達が百均の店をやってるとか、宣伝料をもらったとか、そういうことはありません、念のため。

当サイトはマジ半分、ネタ半分です。あまり字面を捉えてお怒りになられぬよう、伏してお願い申し上げます。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp