2006/03/31

前回の報告はこちら

バルサ材で作ることにした

<今回はこんな感じを目指すらしい>

イメージにサクッと嵌る既成ストラクチャが見つからないので、根が短気なghostは、自分で作った方が早い、という身の程知らずの判断を下しました。

さて、どうやって作ったものか。

で、なんとなくバルサ材をチョイスしました。定石から言えばプラスチック板か紙(建築模型向きの工作紙)のような気もしたのですが、ちょっとひらめきがありまして・・・その詳細は後日に譲りますが・・・柔らかくて加工しやすく、多少失敗してもフォロの効きやすいバルサ材を選んだ次第です。

今回はメルヘンチックな仕上がりを目指しているので、敢えてエッジの出る薄手の素材を使わず、扱いやすさと堅牢さから3mm厚のバルサ材でいくことにしました。

見つからない、のは事実ですが、早々に既製品探しを諦めたのは、やはりカットモデル化に躊躇したからのような気もします。有り体に言えば、高価な欧州製ストラクチャをブッた切る度胸がない、と。

<VRM4によるイメージスケッチ>

右奥手のカットした建物の続きは、背景に描かないとやっぱ変かな。っつーか、そんな絵なんて描けるのか?

前回設計したVRMによるラフデザインに従うと、ストラクチャが三棟必要になります。いずれも建物丸ごとではケースに収まらないので、カットモデルということになります。

で、とりあえず、これらの中では一番目立つことになるであろう左手の建物から着手することにしました。最優先課題は、ベルン特有の地上階部分のアーケードの再現です。

<レイアウター図面から床面をはじき出す>

レイアウターの距離計測ツールで測った結果。

前回のビネットでもそうでしたが、レール敷設を中心に完成像のバランスを考えた上で、周囲の情景がNスケールで何mmになるかが事前に高い精度でわかる、というのはVRMを設計に活用する大きなメリットだと思うワケですよ。

え、ボクだけですか、この手順を踏まないとよー作らんヘタレは?

建物のラフスケッチがしたいのですが、生憎と絵心に欠けるghostには、いきなりのそれが出来ません。そこで、なんとなく順序が逆のような気もしますが、VRMによる設計から採寸し、それを元に展開図を描いていくことにします。

まず、床面積を得たのが上図。建物の配置がベースに対して10度回転していることはレイアウター上の情報としてわかっているので、これで正確な縄張りをすることが出来ます。続いて、最優先課題となるアーケードの幅を20mmとしました。

続く過程は、私自身、やや憑かれたようなところがあって説明不能なのですが、建物の高さや屋根の傾斜角度だけ決めて、そこから必然的に繋がらなければならないラインをはじき出し、サクサクと製図を進めていきました。説明できない、ってことは、私自身、今ひとつ自分が何を根拠に製図を進めていったのかわかってないんですね。

うーん、この段階でやったことは言葉では説明しにくいです。はっきり言えるのは、途中何枚もの中間段階となる仮図面を描いて、計算ではなく、図面上の試行錯誤を繰り返したことと、その作業をおこなう上で、PowerPointが今回も大活躍だった、ということでしょうか。

ただ、PowerPointは本来こういう作業のために設計されたソフトではないので、その精度は怪しいかも知れません。

<図面の一部>

左図が、今回描いた図面の半分弱くらいでしょうか。再現性に乏しい(それを言い出したらこのWebのネタ全部がそうですが、その中でも特にヒドい)ので、図面は公開しません、あしからず。

で、これを頭の中で組み合わせて、立体物になったらどうなるか、改めて描いて見たのが以下の絵です。

<組むとこうなるはず・・・ホントに?>

フツー、こっちが先にあって展開図を描くのではないか、という気もしますが。どうやらghostの立体認識能力が、平面→立体、つまりVRM化されてしまっているようです。

ghost、トラウマに苦しむ

これまでの車両ハーフスクラッチの経験から、PowerPointで製図したものを立体化するノウハウには自信がついてきたので、今回は紙モデル検証をせずにそのままバルサ材の切り出しに取り掛かりました。

<図面を貼っては切り出す、の繰り返し>

ここで、予期せぬ事態がghostを襲います。

いわゆるトラウマ。木系素材をカッターで切るという行為が、無意識のうちにこの事件を思い出させて、どうにも遅遅として作業が進みません。切っては煙草を一服、切っては煙草を一服、の繰り返し。

ですが、逆にそのトラウマのお陰で慎重に作業をおこなえたのか、なんとかそつなく全てのパーツを切り出すことができました。では、本当にイメージ画通りに組み上がるのか、仮組みしてみることにしましょう。

バルサ材は、木目に従って切断する場合と直交する場合で、切れ味が極端に異なるので、不意に刃が走ったりするワケで。もー怖くて怖くて。

<外壁パーツ>

外壁が不自然な部分で二分割されているのは、今回の素材にチョイスしたバルサ材の幅が80mmで、建物の高さにも幅にも足りなかったための措置です。

<アーケードパーツ>

左写真だけでは意味不明かとは思いますが。上の外壁の1階部分に穿たれているアーチ状の穴を通して、このL字状の壁が見える、という狙いです。うまくいったかは、最後の写真にて。

<出窓付き屋根パーツ>

素材が素材だけに肉厚ですが。予定ではうまく誤魔化せるはずなんです、予定では。

では、レッツ・コンバイン!!

V・V・V・ヴィクトリーッ!!って、我ながら古い。

<おぉ!!>

 

思っていたよりもうまく出来た、というのが自己評価です。

ただ、1つ構造上の欠陥があって、それはアーケード部分を組み上げる前に装飾しないといけないってこと。床と外壁に挟まれて固定されてしまうワケで。

アーケード内部は、無理に立体造形に挑まず、写真であるとか絵を貼ってそれっぽく仕上げるつもり。今回のツボはアーケード部分の「チラリズム」であって、その工作精度ではないので。

<アーケード部がわかりやすいアングルから>

 

写真と比べると、なんかヘボいなぁ、っつー気もしますが、まぁ気にしない、気にしない。

見事な超電磁スピンです。

 

さて、これからどうなるか、については、本当にうまく行くか自信がないので(ぉぃ)うまくいってから書きます。うまくいかなかったら、なかったことになるかも知れないので、その際は、このことには触れずにそっとしておいてください。

マジ半分・ネタ半分です。きっとウソもいっぱい書いてます。そこらへん適当に読んでください、よろしく。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp