2004/11/22

前回の報告はこちら

水面を作ってみた

前回開けた穴(より、もう少し大きくなりましたが)に水面用の塩ビ板を取り付けてみました。この素材は本来はほぼ全反射の銀色なのですが、オマケ(?)的に青と緑のクリアシートが保護材として同梱されており、今回は緑色のシートを貼った状態で取り付けています。

<こんな感じ>

使用したのはSAWADA PLATEC製の「塩ビミラーシルバー」で東急ハンズにて購入。70x 36cmくらいで900円ちょっと。ひとまわり小さい32x36cmのも500円くらいで出てます。

落下が一番嫌なので、レール固定用の釘で裏から打ち付けました。もちろんボード上に釘先が飛び出し、そのまま放置すると危険なので、それらはニッパーで切断してあります。

<目指しているのはこんな感じ>

遠目には良さげですが、列車を置くとどうなるでしょうか。早速、実験です。

<おぉ?>

<むむっ?>

前述したように緑の透明シートを貼った状態でコレです。このシートを剥げばより鮮明に列車が映りこむのは確実ですが、周囲のシナリーを作りこんだ際のバランスが気になるので、当面このままにしておいて、後で反射付不足が気になったら剥がそうと思ってます。

周辺のシナリーがない状態では何とも評価し難いです。とりあえず映りこんでいるのは間違いないので最初のステップは無事通過、と言ったところでしょうか。

 

と、チマチマ進んでます。

ghostは、ここに紹介した内容について、読者のお手元での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp