2004/02/14

前回の報告はこちら

萌々な一日

決して二次元半角な世界に溺れていたワケではありません。一日中、レイアウトへの植林をやってました。結果、場面は一転して夏真っ盛りとなったので御座います。論より証拠、ご覧いただきましょう。

 

<前回の状態>

 

<今回の作業後>

 

並行して、発泡スチロール剥き出しだったレイアウト側面にバルサ材で飾り板を貼り付けました。

巷間言われることではありますが、不思議なもので、これだけで突如レイアウトが格調あるインテリアのように見えてきますね・・・見えませんか?

以下、細かい点について、いくつかピックアップしながらご紹介いたします。

まず、迷いに迷っていた右岸端の引込み線とループ線に囲まれた半月状の部分については、結局残っていたTOMIX落葉樹4本を植え、小さな森にしました。

 

<駅と本線を隔てる森>

 

処理に困っての「逃げ」と言われればそれまでですが、「小型レイアウトは視線を遮るストラクチャが味噌」という先達の箴言に従った、つもりです。その証拠に、俯瞰するとしょーもないこの森ですが、奥から列車が来ると・・・

 

<森の影から現れるキハ28>

 

左写真端にもさりげなく写っておりますが、踏切小屋はいったん引っぺがして逆向きに設置し直しました。

ご指摘くださった、モユキ様、くまどん様に多謝!!。

自分で言うのもなんですが、いい具合になったのではないか、と思っております。いかがでしょう?

続いて、左岸築堤部にフォーカスを移してみます。

 

<左岸築堤部俯瞰>

 

ちなみに、写真手前左に写っているライケンの茂みは、細長く切り出したバルサ材に貼り付けた「移動可能な茂み」です。これで、第二期着工予定部への延伸用の空き地を隠しています。これは、我ながらグッドアイデアのように思います。

前回仕上げた水田部から見上げることになる線路際は、控えめなコースターフで雑草な感じを演出してみました。

更に画面奥へフォーカスしてみると・・・

 

<水田際のお社>

 

左写真の社はGM製土蔵・店蔵セットのオマケ、みたいなもの。同じく付属の灯篭4本は、青磁っぽく綺麗に塗装できたので、駅前の町並みに組み込むつもり。

こういう小物に手を入れる余裕が出てきました。

写真の下端にチラリと写っているのは、VRM設計を更新した際に設置を決めた橋です。これについては右岸川沿い道路の仕上げの折に改めて取り上げます。

閑話休題。

余裕と言えば、こんなものまで作る余裕が出てきました。

 

<妻のリクエスト・露天風呂>

 

水面表現のために流し込んだ木工ボンド原液が未乾燥のため、乳白色の湯になってしまってますな。

レイアウト製作開始直後はまったく関心を示さなかった(邪魔されないだけ助かったんですが・苦笑)妻が、このところしばしば ghost の自室にやって来てレイアウトを眺めるようになりました。これぞ箱庭の魔力です。

で、その妻がどーしても作れ、と言うのでやってみたのが上掲の露天風呂(もどき)です。東屋がないので庭園みたいですね。これじゃぁ「覗ける露天風呂」ですし。

 

なお、妻はこのような「歓迎できる介入」以外にも、時折「歓迎されない介入」をやらかしてくれるようになったのですが、これについてはまた後日

まるしん模型店に行った

知る人ぞ知る兵庫県宝塚市の鉄道模型専門店「まるしん模型店」に行ってきました。お目当ては、レイアウト中央に渓流を作ると決めた時点から必須アイテムと目論でいたKATOの「釣り人」フィギュアです。

コレ、ずっと探してたんですが見つからなかったんです。偶然にもまるしん模型店さんの在庫リストに発見し、近所なのに(ghostの自宅から阪急電車で3駅です)行ったことのなかった同店に初めてお邪魔した次第。

行ってみて驚いたのですが、まさかあのロケーションであれだけの在庫を誇り、かつリーズナブルな価格の鉄道模型専門店があろうとは。まさに、知る人ぞ知る。お店のご主人も感じの良い方で、今後入り浸ってしまいそうです。

 

で。お目当ての人形を出していただいて、しばしご主人と鉄道模型商品の品切れについて歓談しておったのですが、ご主人の肩越しの棚に、ふっと意識が吸い寄せられたんです。そこには、これまた、不思議と巡りあえなかったKATO製キハ40(モーター付)があるぢゃないですか!!。そうです。自分へのご褒美に決めていたアレです。T車はどこでも見るんですが、不思議とM車がないんです。

要するに今日は「キハ40に萌え〜」というのがオチです。

で・・・あっさりと買っちゃいまいた、不買の誓いを破って。あははー。まぁ、今回の写真をご覧いただければおわかりのように、ほとんど完成ですから、まぁOK?。

しかし、天罰覿面と申しますか、このキハ40が想像もしなかった大事件を引き起こすのであります・・。

 

わざわざメールで「レイアウト完成まで不買の誓い」を誉めてくださった方、ゴメンなさい。

と言ったところでお時間となりました。続きは次回の講釈で。

別に大したこっちゃないんですけどね・・・

ghostは、ここに紹介した内容について、読者のお手元での再現性をいかなる場合においても保証いたしかねます。ご承知おきください。

 


Webmaster: ghost@nodus.ne.jp